映画館のスクリーンについて思ったことを書く

映画館のスクリーンってコントラスト低すぎない!?

 

IMAXが流行るわけですよ.

 

IMAXとか特別な方式じゃない普通の映画館のスクリーンってすごくコントラスト低いと思うのは僕だけでしょうか?

 

映画館でギャレス・エドワーズ監督「GODZILLA」を鑑賞した際,あれは夜のシーンが多い映画ですから,真っ黒な暗闇の中にゴジラの目と口が浮いてるみたいになってるシーンが多々ありました.

最近になってHuluで配信されたから家のBRAVIAくんで観てみると「あ,こんな動きしてたのね」て思うようなシーンが多かったのが記憶に新しいです.

 

だってもう灰色と黒色の区別つかないんだもん.

 

だれかなんとかしてください.以上です.

アメリカ生まれの反核映画に込められたメッセージ「GODZILLA」(2014)

Huluでギャレゴジが配信開始!

そういうわけで2014年公開ギャレス・エドワーズ監督による「GODZILLA」を観ました.一度映画館で観たんですが,そのときは久方ぶりにゴジラの新作が観られることとクソかっこいいゴジラの造形で大興奮していてそればかり見ていたので冷静になった今,当時とは違う気持ちでGODZILLAを観たいと思ったのです.


「GODZILLA」予告

 

概要

1998年公開のエメリッヒ版「GODZILLA」が原作である東宝ゴジラとは大きく異なったコンセプトで製作されたのとは対照的に,ギャレゴジは1954年公開のオリジナル版「ゴジラ」のまさにハリウッド版といった内容となっており,別人ではありますが初代ゴジラにも登場した芹沢という姓を持つ日本人科学者が出てきたりします.

そんなハリウッド版2作目は1作目がアレな出来だったせいか,逆に人々の期待を背負って製作され,レジェンダリー・ピクチャーズ製作によるリアリティとダイナミックさを持ち合わせた映像は期待に応える形で多くの人に受け入れられました.きっと.

 

ゴジラといえばメッセージ性

そんなギャレゴジですが,初代ゴジラと同様,映画を通してのテーマとして「反核」がわかりやすい形で取り上げられています.しかし伝わってくるメッセージは「原子力は大きな危険を孕んだエネルギーなんだよ!」って声を大にして叫んでるだけでそれでは初代ゴジラと変わらないんですよね.

GODZILLAを製作する前に「モンスターズ/地球外生命体」を監督したギャレス・エドワーズですから,それでは終わらないと思って,この映画を深読みしてみました.

ゴジラと2体のムートーがサンフランシスコで衝突する際,軍の偉い人たちが核兵器を用いて沖のほうで一気に処理しようとする作戦を考案する一方,芹沢博士は「ゴジラは地球の(生態系の)バランスを保つことが目的であるため,おとなしくゴジラがムートーを倒すのを見守っていましょう」と提言する.結局軍は核ミサイルを用意するも作戦は失敗し,逆に原子力エネルギーを餌とするムートーに核ミサイルを奪われることになるため成す術なくゴジラとムートーが戦うのを見守ることとなる.

 

ん?まてよ?

 

これってアメリカが平和のための抑止力として核や強大な軍事力を保有してる構図と似てませんかねぇ….

核(=ゴジラ)を必要悪とし,世界の平和(=芹沢博士曰くバランス)を脅かす存在(=MUTO)を制する.

つまり必要悪としての核の保有を認めているという隠喩になっている気がするのです.

なんというかいかにもアメリカンな主張といいますか….

まあ映画の中ではムートーこそが原子力の化身として描かれていますので,あまりアテにならない仮説です.映画の中でゴジラは何億年も前から地球上に存在し,深海で眠っていたところを原子力実験の爆発で起こされてしまったという設定になっています.これには映画の終盤でゴジラをヒーローとして扱っている場面があるため原子力の化身をヒーローにはさせまいという意図があるのでしょう.

 

対して「シン・ゴジラ」では,こちらも核爆弾が登場し,アメリカは日米安保条約を盾に東京に核爆弾を落っことそうとします.それはもちろんゴジラが太平洋を渡ってアメリカに侵入してきたときのことを考えてなのですが,長谷川博己率いる「巨災対」はそれを阻止するべく,核を保有しない日本でゴジラを倒そうと奮闘します.ギャレゴジでは「よし,戦略核兵器を使おう!もう列車に積んであるから作戦決行!」としているところをシンゴジラでは「核兵器使わせないためにはいかにするか…」となるのです.この,必要悪の存在さえ許さない態度というのがやはり唯一の被爆国であり震災以降,放射線という言葉をニュースで聞かない日はないという生活を送ってきた日本からハリウッドへの返答なのではないでしょうか.

 

と,それっぽくまとめてみましたが,乱文すぎて目も当てられません.でも僕の頭の中ではなんとなく整理できたのでもう文章は修正しません(鋼の意思).

 

総括

個人的な感想としてはシンゴジなどに比べてギャレゴジはエンターテインメント性の高い映画となっているなと強く感じました.まさにハリウッド版.広い画角にリアルなVFXといった感じで観たものを素直に受け取るのが正解な鑑賞法じゃないかなと思います.シンゴジは本来のゴジラが新しい扉開いた感じがして個人的にはこっちのが好き.

 

以下,蛇足

↑「シン・ゴジラ」のブルーレイです.通常版もありますがイマドキHuluやAmazonプライムで映画本編が円盤買うより格安で観られるんだから特典映像ついてないブルーレイの通常版なんて存在する価値なしでしょといった危険思想を持つわたしです.ちなみに僕はUHD Blu-rayの再生環境なんかまったくそろってないのにUHD付き4枚組版を予約しました.

↑ギャレゴジのAmazonビデオ版です.ロープライス¥2,000となってますが,HDレンタル版なら¥500でレンタルできます.ちなみにHuluなら月1000円でGODZILLA以外にもいろんな映画やドラマが見放題です(ステマ).

普遍的な愛を描いた名作映画「ブローバック・マウンテン」

こんにちは.ぷしこです.

 

なんか映画観たいなーということで適当にAmazon Prime Videoを物色していたところ,テンガロンハットをかぶった男2人が意味深に目をそらし向き合いっているなにやら意味深なパッケージを見つけたのでちょっとそのタイトルで調べてみると,どうやら同性愛者の愛を描いたお話らしい.

 

というわけで見てみました「ブロークバック・マウンテン」.

 

まずはあらすじ.

時は1963年.夏の間,羊たちを避暑地である山の山頂付近で放牧させるため,牧場主に雇われたアルバイトのイニス(ヒース・レジャー)とジャック(ジェイク・ギレンホール).二人は約2週間強たった一つのテントで過ごすのだが,ジャックは実は男色家であり,ジャックから誘いをかけたことにより二人の関係はスタートする.美しい大自然の中で二人だけの時間を過ごす彼らであったが,別れの時が訪れ,それ以降は両者とも女性と結婚し,家庭を築く.互いに生活があり,またお互いの住まいがとてつもなく離れているためなかなか再会することはできなかったが4年後,ついに念願の再会を果たす.まだ同性愛者には寛容ではない世の中的なこともあり,二人の関係は二人だけの秘密で,こっそりとかつてともに過ごしたブロークバック・マウンテンに出かける.それ以降も何度かその地を訪れ二人だけの時間を過ごすのだったが,そんな生活がうまく続くはずもなく….

 

といった具合で話の導入部分です.

 

この映画はゲイの男性を主人公に置いているのですが,描いている愛そのものはとても普遍的な愛です.しかし普遍的な愛というのは,日本の量産型映画において安直かつ直接的には腐るほど描かれてきていますが,この「ブロークバック・マウンテン」はその描き方がうまい.そしてなにより主人公たちがゲイであることから端を発したストーリーの展開の仕方がウマイ.

普遍的な愛といえば「一緒にいて楽しい」とか「相手を大切に思う気持ち」とかですが,そんなのちょっとひねくれた見方をしてしまえば「キレイごと(笑)」なわけです.しかしそれが男同士だとどうも(笑)とはならないんです.なんででしょうね.僕はなんとなく,友情の延長線上にあるから,というのが正解なんじゃないかな,と思うんですけど,いかがでしょうか.

イニスとジャックは何度か二人で山へデートしに行くわけですけど,デートって感じじゃなくて,大きい子供が二人で遊んでる感じなんです.だから友情の延長線上にあるものなんじゃないかな~なんて思ったりもするんですけど.

 

ため息が出るほど雄大で美しい自然風景と,その空気感を演出する音楽も見事にマッチしていて芸術的な面でもこの作品を鑑賞する価値は十分にあると思います.

それと,男女含めて主要キャラクター全員にヌードシーンがあります.シーン自体は非常に短いですが.主要人物は以下の通り.

イニス: ヒース・レジャー

ジャック:ジェイク・ギレンホール

イニスの妻:ミシェル・ウィリアムス

ジャックの妻:アン・ハサウェイ

 

映画の紹介ってネタバレなしだとなに書いたらいいか悩みますね.

以上「ブロークバック・マウンテン」の紹介でした.

Amazon Prime会員なら無料で見ることができるので家族に会員のいる方はその人のアカウントを借りてみるでもいいし,もしくはAmazonをよく利用される方でしたらPrime会員になっとくとお急ぎ便がタダになるのでこの機会に入会してみてはいかがでしょうか(ステマ).

 

最後に予告編を貼っておきますが,例によって予告編の内容はあまりアテになりません.ただ,こんだけ受賞してるんだよ!ってことをこれでもかというほどアピールしてるのでどれだけすごい映画なのかがなんとなくわかるのではないでしょうか?

 


映画「ブロークバック・マウンテン」日本版劇場予告

新しいリアリティの追求「人喰いの大鷲トリコ」

こんにちは.ぷしこです.

初エントリです.

 

初めてのエントリでは12月6日発売のテレビゲーム「人喰いの大鷲トリコ」について思ったこと・感じたことを書いていこうと思います.

 

まだプレイされてない方向けにネタバレなしで書いていますが,一度プレイしてから読んでいただいて,「あーなるほどね」とか「そーいうことね」って思いながら読んでもらうのが一番面白いかと思います.

 

概要

本作は「ICO」「ワンダと巨像」で一躍トップクリエイターとなった上田文人氏によるアクションアドベンチャーゲームです.

見覚えのない洞で目覚めた主人公の少年は村で人喰いの大鷲として恐れられている巨大な生物「トリコ」とともに力を合わせて古代遺跡がそびえたつ渓谷からの脱出を試みます.


『人喰いの大鷲トリコ』 ストーリートレーラー

 

物語の主題

ファイナルファンタジーなどのRPGでは主人公の成長はわかりやすくレベルという数値で表されますが,アクションアドベンチャーというジャンルでは専らこのレベルという概念が存在しません.

しかし主人公の成長物語を描く作品が多い中,主人公が一貫して同じ技ばかり使うアクションゲームなんて,いくらイベントシーンで心の成長を描いても実態としての主人公の成長がないのでプレイヤーとしてはどうも感情移入しづらく,またプレイが単調になります.なので「デビルメイクライ」シリーズをはじめとするアクションアドベンチャーゲームではレベルで制御するのではなく,物語の流れの中で主人公が特殊能力を身に着けて行くことで敵と戦える技を手に入れたり移動できる場所が増えたりします.

前置きが長くなりましたが,ではトリコの場合はというと,主人公の少年ができることは初めから終わりまで一貫して

  • 移動する
  • つかむ
  • ジャンプする
  • トリコに指示を出す
  • トリコを撫でる

のみです.これではプレイが単調になってしまわないか?と思うのですが,実はこのタイトルでは少年自身ではなく,「トリコと少年との絆」が成長し変化します.

古代遺跡の仕掛けや身長の何十倍もある高い壁を協力して乗り越えて先へと進むうちに少年とトリコの間には絆が芽生え,成長します.絆が成長するとトリコが少年の出す指示の意味を理解するようになります.

このようにこの物語の全体を通して描きたいのは「主人公の心の強さ」や「トリコの生き物としてのリアリティ」ではなく「一人と一匹の絆の成長」であることがうかがえます.

徹底されたリアリティ

アーティスティックでリアリスティック.極めてリアルなファンタジー.

リアルな絆をゲームで表現する

記事の上のほうに公式の動画を貼りましたが,大鷲は徹底してリアルな生物であるかのように描かれます.トリコの動作はまさにそれで,ペット(特に犬)を飼ってる方なら特に共感できると思います.

このモーションはAIによって制御されていますが,このAIがまた秀逸で「人の言葉の通じない者へ意思を伝達することの難しさ・もどかしさ」をとても自然に描き出しています.

少年を通じてプレイヤーはトリコに「あっちに行って」「ジャンプして」「これ壊して」などの支持を出すことができますが,それを実行するのもトリコ次第.時には指示がうまく伝わらなくてもどかしい思いをすることもあります.ハッとするとゲームをプレイしてるのに「気持ちが伝わらなくて寂しい」そんな気持ちになっているのです.

いわゆるRPGでは主人公の強さを表す攻撃力などのパラメータは数値で表されます.数値で表示されれば主人公がどの程度成長してるのかという指標として非常にわかりやすいのですが,リアリティを欠いているのは確実です.現実の世界では自分の強さなんて数値で算出されるものではありませんから.

 

一方トリコでは少年と大鷲との絆はパラメータでは表示されません.そもそも絆のパラメータが存在しているのかもわかりません.ただ,プレイしてるうちになんとなく絆が深まっていく気がするのです.つまり少年とトリコ,もといプレイヤーとトリコの絆はその存在を実感として認識していくのです.すると困難な局面に差し掛かった時に自然と「トリコ危ない!」とか「トリコ助けてー」とか思ったりするわけです.

このプレイヤーの感情をうまく操る工夫とゲームロジックが密接に融合したゲームシステムは上田文人氏の手腕によるものでしょう.いやーあっぱれです.

(ここから数行蛇足です)

一般的なRPGやアクションゲームでこの「あえてすべてのパラメータを見せない」手法を取ればまあ批判の的になること請け合いなので,一般には通用しないテクニックではあります.ファイナルファンタジー15のように違う部分でリアル貫いてるタイトルもあるので,要は最適解はタイトルごとに全く違いますよ,ということです.

美しくリアリティのあるグラフィックス

本作のリアリティを代表する要素としてレベルデザインが挙げられます(ここでのレベルは前述のような数値のレベルではなくステージや謎解きの構成やアイテムの配置などのことを言います).本タイトルをプレイしていると同じ景色に全く遭遇しないことに驚かされます.もちろん,舞台は一貫して大鷲の谷と呼ばれる渓谷なので景観のコンセプトは統一してるのですが,プレイしていて”既視感”を感じる場面がまったくと言っていいほどないのです.ゲームというのは製作の過程でコスト削減のために3Dモデルやテクスチャ画像などを使いまわすことが当たり前で,そのせいで初めて見る景色であっても既視感を持つことも多々あります.使いまわしを意識してしまうと大きく没入感がそがれます.

トリコに関してもやはり使いまわしはありますが,似た特徴を持った部屋・地形がないためプレイヤーは使いまわしを意識することがないのです.

 

影の表現も本作のリアリティを語るうえで外せません.本作ではトリコの羽根のひとつひとつやツタの葉一枚一枚に至るまで,すべてのオブジェクトに複雑で解像度の高い影が落ちるようになっています.舞台である渓谷では常に強風が吹くため,木の枝やトリコの羽根,少年の衣服などの揺れ物は常に動いており,それが揺れる下草に複雑な影を落とすため,キャラクターが動いてなくても画面全体は常に風景が変化し,じーっと見ていて飽きません.

 

総評として

ゲーム自体の難易度は特別難しいというわけではなく,じっくり考えながらやる必要がある,といった感じでとてもちょうどよい塩梅の難易度となっています.「ちょっとゲームから離れてた大人」向けの難易度というのが適切でしょうか.

もちろん初めてゲームをするって方でも十分に楽しめるし没頭できる,とてもカジュアルな分類のゲームだとは思います.ただ,「多くを説明しない世界観」「敵をなぎ倒す爽快感は皆無」という,大衆向けとは対極にある要素も持ち合わせているのが本作です.「小説の世界にじっくり浸ってみたい」「世界の片隅に取り残されてみたい」なんて思ってる社会につかれた現代人のみなさんには大変オススメできるタイトルです.

クリアまでなら要する時間もそこまで長くはないので,ゲームに一切触れたことがなくても操作がシンプルなので10時間あればクリアすることはできると思います.

春休みで何もすることがないとかそんな人にはうってつけではないでしょうか?

↑ブログを始めるついでにAmazonアソシエイト も始めまてみました.

記事を読んでタイトルが気になった方はぜひご自身でご購入されて,遊んでみてください.

 ↑言わずと知れた上田文人氏の出世作.そのHDリマスター版です.

トリコはPS4で遊べますがこれはPS3版になっております.トリコも発表された当時はPS3でリリースされる予定でしたが開発が長引いたことと技術的な側面で大きな課題に直面したことを理由としてPS4での発売となりましたよ,といったことを何かで目にしたような気がします.このHDリマスター版はちょうどPS3で発表されたころに発売されたものです.大変評価は高く,PS2オリジナル版でも遊んだ友人Kは「はじめてやるならPS3版のほうがいいよ」と言っていました.そりゃそうだ.

これにて初エントリは終了になります.初めてのレビューで文体もまばら,画像はなし.イマイチ,タイトルの魅力を伝えられた気がしないのですが,少しでもこのタイトルに興味を持っていただけたら幸いです.

あんまり長い時間かけて書いてもよい文章はできませんね.これでも本文は2回くらい書き直してるんですが...(汗)

印象に残る作品をレビューするブログ

はじめまして.こんにちは.

 

このブログでは印象に残ったいろいろな作品について思ったことを書いていこうと思います.

主にテレビゲームや映画,アニメ,ドラマなどの映像作品がメインになると思います.

 

ここでこのブログの筆者の自己紹介をさせてください.

  • なまえ:ぷしこ(オンラインゲームなどのIDもこれに由来する名前で登録することが多いです)
  • 趣味:映画観たりテレビゲームをプレイしたり
  • 興味のあること:コンテンツを作ってみること
  • 意気込み:現在大学生で多くの時間を持て余しており,暇な時間に自分の思考の整理もかねてブログをはじめてみました.ブログを書くこと自体初めてで続くかもわからないけど書きたいことを書くをモットーに,気ままに更新していきたいと思います.

 

最近はもっぱらAmazonプライムで無料配信している映画を好きな監督や俳優の名前で検索して観ています.

とか言いつつ,初めてのエントリでは先日発売されたテレビゲーム「人喰いの大鷲トリコ」について書こうと思っています.どうぞお楽しみに.